妊活 不妊 夫婦

診療費などの金銭面、妊娠するかコントロールできない苦しみ

 

 

病院ではいろいろな検査をします。薬も処方されます。いろいろとお金がかかる割に結果にすぐに結びつきません。人間の体の仕組みは複雑で、思うようにいかないことが多く、本当に終わりが見えないので苦しみを伴います。一喜一憂すると疲れてしまうと云われていますが、気持ちと体のコントロールが難しいです。治療に正解はありません。正解におそらく近いであろうという可能性が高い方法をいろいろ手探りで行っているので、ストレスがたまります。また、自分のことだけで精いっぱいであるのに、友人があっさり妊娠したり、身近な人物の無神経な言葉に傷ついたり、いろいろな面で悩みを抱えます。毎回の診察で何をするのか、毎回、緊張が伴い、また、診療費がいくらかかるのか、わからないので、お財布の中身を気にして、いつもびくびくしています。一度、窓口で手持ちの現金が足らず、引き出しに行ったことがあるのですが、そのときはなぜこんな目に自分があわなければならないのか、なぜ友人はあっさり妊娠するのに自分はできないのか、と苦しくて死にたくなりました。このように妊活はさまざまな面でストレスを抱えるのです。

改善はありません。ストレスを感じる人間と付き合わないに限ります。

 

 

ゴールがない。正解がない。妊娠する可能性が高い時期というタイミングがコントロールすることができず、会社を休むことが多くなり、仕事をやめることになりました。中には働きながら妊娠活動をされている方もいらっしゃいますが、相当大変だと思います。会社の理解がないと休めませんから。スケジュールの調整も大変ですし、会社の仕事のストレスの影響もあると考えられるので、妊娠活動中は、可能な限りストレスを軽減することをしなければなりません。お金も時間も精神的な負担もあらゆる方向からストレスがかかるので、悩みの負のスパイラルに陥らないように気分転換をする方法を探しています。夫と遠出して他のことを考える時間を設けてもタイミングを見計らったかのように無神経な質問や発言をする人から連絡が入ったり、ついてないときは本当についていません。気にしないようにしたくても疲れてくるので、感情のコントロールがうまくできないときもあります。また、治療中の薬の副作用もきつく、おう吐したり、頭痛に悩まされたり、ひどい時は一日寝込むこともあり、そういうときは不安でたまらなくなります。人間の体の仕組みは難しく、正解がないことが悩みを複雑化させるのだと思っています。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます♪